体験記

ゆいちゃん 体験レポート第一回

コドなび!を初めて見たお子様の反応

コドなび!を初めて見たのは地元のおもちゃ屋さんでした。
お馴染みのアンパンマンの声が遠くから聞こえてくるやいなや、吸い込まれるようにデモ機まで走っていき、「じいじの「あいぱっど」みたい!!」と大興奮で画面をいじり始めていました。

お子様のお気に入りのメニュー・機能について

まんべんなく遊んでるようには感じますが、中でもお気に入りは「メール機能」とピザ作りやパフェ作りなどを体験できるアプリです。

特にメール機能に関しては、毎日何通も何通もママやパパにメールを送り、また朝起きたら、幼稚園から帰ってきたらなど、何度もメールが届いてないかを確認するので、親も頑張ってそれに付き合ってメールを送り続けています(笑)
今お友達にお手紙を書くことにハマっているので、メール機能は娘にとってこの上ない遊び道具になっているようです。

ゆいちゃん 体験レポート第二回

コドなび!を使うなかで成長したと感じたポイント

コドなび!を使用してから読めるカタカナが増え(ほぼマスター!)、今まで主に親が本を読んであげていましたが、自分で読む機会が格段に増えてきました。
そのためか、それまで只々文字を読み上げるだけの作業だったのが、意味を理解しつつ読むことができるようになり、ますます本を読むことが楽しくなったようです♡

紙ベースのドリルよりも、コドなび!のように映像を通じて学習する方が、うちの子供には合っているように感じました。
興味の示し方や集中力などに違いが出ている事は親の目からもハッキリしていて、ゲーム感覚で楽しんで学ぶことの素晴らしさを実感させられました!

コドなび!を使うなかで保護者として嬉しいと感じたポイント

「おべんとうづくり」や「パフェづくり」などを通じて、自分でもご飯を作ってみたいという意欲が湧いてきたようです。
毎日の夕飯作りの際に、レタスをちぎったりお豆腐を切ったりなど簡単なことではありますが、自分からすすんでお手伝いをしてくれることが増えました!