体験記

ほのたんちゃん 体験レポート第一回

コドなび!を初めて見たお子様の反応

初めて見たのは近所のおもちゃ屋さんですが、吸い込まれるように無表情(娘は楽しすぎる時は無表情になります)で真剣に20分くらい無心に操作し続けました。
私のスマートフォンで自分の写真を見たり、親の真似をしてカメラで写真を撮ってくれたりとタッチ操作には慣れているので、タブレットの操作にはまったく抵抗はなかったようです。
このアンパンマンのお顔色のコドなび!のケースは、娘にとっては「だいだい」色に見えるようで、コドなび!家にが届いた時には「だいだいがきた!」と言って大喜びしていました。

お子様のお気に入りのメニュー・機能について

ちいくゲームとせいかつのアプリを一番よく遊んでいます。
まだ3歳になりたてで文字のアプリは理解できないものが多く、ゲーム感覚で遊べるアプリを好んで遊んでいるようです。
特にわいわいドライブレースは親とふたりで繰り返し遊んでいます。
他にもタッチでGO!まちがいさがし、パズルでブロックラボ、きせかえあそび、ホラーマンのはみがき、ピザづくり、パフェづくり、おすしやさんたいけん(まなぶ)をよく遊んでいます。

数字の興味が高い時期なのか、すうじのアプリでもよく遊んでいます。
かぞえてクッキングは最初理解していなかったのですが、書いてある数の分だけ鍋に入れるという説明をしたら理解できたようで何度も遊んぶようになりました。
キャンディをわけよう!とケーキをわけよう!は説明なしでも遊べるようでよく遊びます。

かくの欄はできないにも関わらず、何度もトライしてはできなくて泣いて怒るの繰り返しです。
特にすうじをかこう!とアルファベットをかこう!は毎日の用にトライしています。
できなくて私が娘の手をとって書かせてあげていると、ついにAの字が自分で書けるようになりました。

ほのたんちゃん 体験レポート第二回

コドなび!を使うなかで成長したと感じたポイント

どんなおもちゃもすぐに飽きてしまう娘ですが、コドなび!は飽きる事なく毎日必ず遊んでいます。
今まで難しかったアプリも遊べるようになって、いろんな発見があるので飽きないで続いている様です。

最近は特にメールの送受信が楽しいみたいです。
最初は好きなアイコンを選んで入力するだけでしたが、最近は「じぶんでかく」を使ってのメールも書けるようになってきました!

コドなび!を使うなかで保護者として嬉しいと感じたポイント

ひらがなが読めるようになりました!
「コドなび!」のおかげです。
文字には前から興味はありましたが、コドなび!で毎日遊んでいるうちに気づいたらひらがなを読み上げれるようになっていてびっくりしました。
ひらがなを書く方はまだまだですが、数字は見よう見まねで書いています。